便秘予防

便秘予防や便通がよくなる

乳酸菌は便秘予防や便通がよくなったりする

乳酸菌の一番有名な効果は

 

便通がよくなる

 

という効果なのではないでしょうか。
テレビCMをみていると
乳酸菌を摂取しておなかの調子がよくなる
といった感じものが多い気がします。

 

 

乳酸菌が便秘予防になったり、便通がよくなったりするのは
乳酸菌が腸の状態を正常にもどす効果があるからです。

 

乳酸菌は腸で善玉菌を増やす効果があります。
善玉菌が増えるとおなかの調子はよくなります。
逆に便秘になったり、おなかの調子が悪くなるのは悪玉菌が多い状態といえます。
乳酸菌を摂取すると、腸の状態をよくして便通をよくしたりする整腸効果につながります。

 

 

男性より女性のほうが乳酸菌に注目するのは
男性より女性のほうが腸が長い傾向にあるため
女性のほうが便秘になりがちだからでしょう。

 

便秘になってから、乳酸菌を摂取するより、日ごろから乳酸菌を摂取して
腸内環境をいい状態にするのが大事なので
決して便秘だからヨーグルトや乳酸菌飲料を購入したりするわけではなく
便秘予防として乳酸菌を摂取する人や
純粋にヨーグルトや乳酸菌飲料の味が好きだから
乳酸菌を含んだ製品を購入する人もいるでしょう。

 

案外女性が乳酸菌を含んだ製品に注目するのは
整腸効果よりも、肌をきれいにしたいという思いや、ヨーグルトなどの味が好きだから
という人のほうが、今ではおおいかもしれませんね。

 

【関連記事はこちら】
植物性乳酸菌KAGOMEのラブレ紹介記事

 

乳酸菌摂取で便秘予防になったり、便通がよくなるというのは
乳酸菌で一番有名な効果であると思うんですが、それは多くの人が
便通をよくするために、乳酸菌を摂取するようにしているからだと思います。

 

ほかの乳酸菌紹介サイトをみても、乳酸菌の効果でまっさきにあげるのは
便通をよくするという効果ですね。
最近はヨーグルトには便通をよくする効果はないという人もいますけど
乳酸菌で便通が良くなった人は多いわけで、そういう人がいる以上
これからも乳酸菌は便通をよくするために摂取する人は多そうです。


ホーム RSS購読 サイトマップ