乳酸菌飲料とジュース

ジュースを飲むのなら乳酸菌飲料を飲むべき

ジュースより乳酸菌飲料を飲んだほうがアトピーにはいいでしょ?

乳酸菌飲料がアトピーに効果があるとかではなくて
ジュースを飲むのはやめておいたほうがいいと思います。

 

 

まぁ乳酸菌飲料もほぼジュースみたいなものですから
満足できると思いますよ。
ジュースは砂糖が大量に入っていますから、悪玉菌が増えちゃうんですよね。

 

逆に乳酸菌は善玉菌を増やすっていわれていますから
たしかに乳酸菌飲料にも砂糖はつかわれていますけど
乳酸菌が含まれている分、アトピーの悪化にはつながらないと思います。

 

乳酸菌飲料を飲むより、お茶とか飲んだほうがどちらかというといいと思いますけどねぇ。
別に乳酸菌飲料はアトピー対策とかではなくて
ジュースよりましな、甘い飲み物という感じで飲むのがいいかもしれません。

 

乳酸菌飲料を飲んで、ある程度睡眠時間をとると肌がつるつるにのなりますしね。
アトピーは肌への症状ともいえるので、肌が綺麗になるのはいいことですよね。

 

そして、乳酸菌飲料というのはアトピーがある程度治ったあとも飲み続けることができます。
早めにジュースを飲む習慣をとりのぞき、もっと体にいい飲み物にしたほうがいいと思います。
乳酸菌飲料がいいというよりも、ジュースが悪いというのは覚えておいてください!

 

いまは乳酸菌飲料は沢山ありますけど
値段がやや高いものが多いので、値段の点を考えると
のむブルガリアヨーグルトでしょうか・・・
1Lサイズで198円ぐらいで売っていますからね。

 

 

牛乳の代わりにもなりますし、ジュースの代わりにもなるのでいいのではないでしょうか。
あ、でも牛乳はなにかを作ったりするのに必要になりますけどねぇ。
フルーチェとか、コーンフレークとか食べるのに牛乳は使いますよね。

 

でも、やっぱりジュースというのはあまり必要にならない気がします。
たしかにジュースは甘くておいしいですが、ジュースが絶対必要とかはないですよねぇ。


ホーム RSS購読 サイトマップ