米とぎ汁乳酸菌は続かない

【米とぎ汁乳酸菌】手作りヨーグルトを作る手間!続かない

米のとぎ汁乳酸菌

最近は米のとぎ汁を使って洗顔する人が多いんだとか。

 

自分も米はよく食べていますけど、米のとぎ汁は捨てています。
いや、多くの人がそうだと思います。

 

 

毎日ヨーグルトを食べている自分もあまり詳しくないんですけど。
お米由来の乳酸菌ってありますよね。

 

たしか亀田製菓も乳酸菌を出していますから。

 

 

そんな感じで、米のとぎ汁から乳酸菌を作り出している人がいるんですけど。

 

 

なんかレシピを見ていても
「そこまでして手作りヨーグルトを作る理由があるのかな?」
と思いました。

 

まぁ自分も種菌から手作りヨーグルトを作ったことがあるわけですけど。

 

 

冷静に考えれば、ヨーグルトを買ったほうが早い気がします。
手作りヨーグルトを作るためには、牛乳が必要になってきますから。
特別安いってわけでもないんだよなぁ。

 

 

まぁ米のとぎ汁のヨーグルトがどんな味がするのか食べてみたいところはありますけど。
でも手間を考えると、作る根性が自分にはないですね。

 

 

 

 

米のとぎ汁の効果が謎

米のとぎ汁から乳酸菌を作るのはいいとして。
「米のとぎ汁を飲む人っているのかな?」
と思ったら、ネットでもそういう人はまったくいませんでした。

 

なんとなく健康にはよさそうな気がしますけど。
やっぱりまずいというか、恩恵があまりないのだと思います。

 

 

でも米のとぎ汁を醗酵させて、乳酸菌を作り出すというのなら話は別だと思います。
米のとぎ汁を飲むのは健康への効果は乏しい。
でも米のとぎ汁から乳酸菌を作り出すのは、健康への効果がある程度期待できるというわけですね。

 

現実に米由来の乳酸菌があるわけですし。

 

 

じゃあ米のとぎ汁乳酸菌のヨーグルトを食べたらどのような効果があるのか?
自分が思うに…。

 

乳酸菌なので、腸内環境を整える効果は期待できると思います。
後は自分でヨーグルトを作るわけなので、菌が新鮮です。

 

その分良い効果も実感しやすい気がします。
これは別に米のとぎ汁乳酸菌で作るヨーグルトに限ったことではないですけどね。

 

最近は
【生きた乳酸菌を腸まで届かせることで効果が高い】
なんていわれていますから、そういう点では自分でヨーグルトを作って食べるのは生きた乳酸菌を摂取できます。

 

 

つまり健康に良い効果はそれなりに期待できると思います。
でも種菌から自分で作り出すわけで
【雑菌が入らないように注意】
が必要です。

 

ぶっちゃけ、種菌から作り出すとかめんどうだから、メーカーが商品として売り出すレベルの品なんですけど。
種菌も自分で作り出すことができるわけですね。

 

 

早くいえば、そばとかうどんの麺とか、実際に自分で作ってもいいですけど。
そんなのめんどくさいから、乾麺でも冷凍うどんとかでもいいので、簡単なものを買うわけですけど。

 

なんとなく
「自分で作ったほうがそばもうどんもうまい」
というのはわかるんですけど、手間を考えると
「買うわ」
となると思います。

 

 

米のとぎ汁ヨーグルトも健康にいい効果が高かったとしても。
「市販のヨーグルト買うわ」
となると思います。

 

自分は手作りケフィアヨーグルトの時点で、そんなことを思いましたから。

 

 

 

 

趣味要素が強い

じゃあ米のとぎ汁ヨーグルトはダメなのかというと、そういうわけではないです。

 

でもこれは健康への効果がどうのこうのではなく、趣味の範囲でやったほうがいいと思います。
健康にいいものにはまちがいないです。

 

でも乳酸菌で腸内環境を整えるためには、断続するのが重要になります。
そうなると、なんども米のとぎ汁ヨーグルトを作るのは、ちょっと厳しい気がします。
できないわけではないですけど、そこまでしなくても市販のヨーグルトを買って食べるのを続けるほうが楽です。

 

 

人間どんなに健康にいいことでも、大変なことというか、手間がかかることはやっぱり続かないです。
たとえばジョギングするとしても
「家のまわりをジョギングしよう」
というのなら続くと思います。

 

 

でも
「10km離れたジョギングコースを車で行ってジョギングしてこよう」
となると、やっぱりどんなに質の高いジョギングができたとしても続かないと思います。

 

毎日家の周りをジョギングしている人と、1回だけ質の高いジョギングをしただけの人では、どっちが健康にいいのかなんてすぐにわかりますよね。
健康というのは積み重ねなんですよ。

 

 

米のとぎ汁ヨーグルトを作るというのは、趣味の点ではいいと思います。
でもやっぱり雑菌が入ってしまうと怖い点、めんどくさい点、これらを考えるとちょっとリスクが高いかな…。

 

 

やるのなら、まずは種菌を使った手作りヨーグルトを作りなれてからのほうがいいと思います。
カスピ海ヨーグルトの植え継ぎをしている人もいますけど。

 

ああいうのって、メーカー側は
「ヨーグルトを買うよりお得!」
とか言いますけど、たしかに1円単位で考えればお得なんですけど。

 

牛乳を使う点で、お得でもほんとうに微々たる差なんですよね。
手間を考えると、自分はヨーグルトを買って食べたほうがいいと判断したんですけど。

 

まぁそこは人それぞれかと。

 

 

「米のとぎ汁を使って乳酸菌を作る!」
なんていうと、節約術のように感じますけど。
なにかが違う気がします。

 

 

醗酵というのは、ある意味腐らせるということであって。
まぁなんだ。

 

実験的な要素のほうが強いような。
そして実験でできたものを有効活用って感じかなぁ。

 

料理とはちょっと違うような気がしないでもないんですけど。
いや、食べるものを作っているのだから料理かぁ。

 

 

やっていることは、ほんと企業クラスのことをやっている気がします。
そこまでしてヨーグルトを作らなくてもいいと思うんですけど。

 

やっぱり趣味の点でやるべきだと思いますね。


ホーム RSS購読 サイトマップ