花粉に負けない免疫力をつける

花粉に負けない体を作るために乳酸菌で免疫力を高める

花粉に負けない免疫力をつけるために乳酸菌を摂取する

花粉症というのは、花粉が体内に入ることにより

 

免疫細胞が花粉をどうにかしようと過剰に反応するために
くしゃみや涙、鼻水がでたりする

 

わけです。

 

 

つまり、花粉症の原因はたしかに花粉だといえるのですが
人間の免疫細胞が過剰に反応しているからだともいえます。

 

乳酸菌は免疫力を高めることができるので
体内に花粉が入ってきても、免疫細胞が異常をおこさず
正常に働いてくれる可能性を高めることができます。

 

花粉でくしゃみがでるのではなく
花粉が体内に入り、免疫細胞が花粉をどうにかしようとくしゃみがでるわけです。

 

こしょうでくしゃみがでるのは、こしょうの辛味が鼻につき
それをだそうとしてくしゃみがでるわけです。

 

人間、涙がでたり、くしゃみがでたり、鼻水がでるというのは
悪いものを外にだそうとする、体の普通のことなんです。
でも、花粉症というのはそれが異常なほどの対応をとってしまうわけで
そうならないように乳酸菌で免疫力を強化させて
過度な反応を出させないようにするわけですね。

 

涙がでたり、くしゃみがでたり、鼻水がでるというのは決して悪いことではないんです。
でも、そういうのもほどほどにしてほしいと人間は思うわけで
免疫細胞の過度の防衛をアレルギーとしていて
それが花粉症というものなんです。

 

花粉症はアレルギーでも、原因がわかっている分
対処法も取りやすいところがあると思います。

 

もちろん、免疫力を高めることをしなくても
根本的に花粉をシャットダウンしてやり、体に入らないようにすれば
免疫細胞が過剰な反応を示すこともないでしょうから
花粉症は防げるわけなんですけどね。

 

でもそんな生活になると制限が多すぎるので

 

花粉が体の中に入っても大丈夫のような
免疫力が高くなった免疫細胞を乳酸菌でつくりあげよう

 

ということなんです。

花粉に負けない体を作るために乳酸菌で免疫力を高める関連エントリー

花粉症の季節の3,4ヶ月前から乳酸菌を摂取すべき
花粉症対策に乳酸菌を摂取するのなら、花粉症の季節の3,4ヶ月前から乳酸菌を摂取することで、効果を実感しやすいかと思います。
免疫力を高めて免疫バランスを崩さないようにする
乳酸菌での花粉症対策は免疫力を高めて、免疫バランスを崩さないようにして、花粉症の症状を抑えるというものです。

ホーム RSS購読 サイトマップ