花粉症と乳酸菌

花粉症の季節の3,4ヶ月前から乳酸菌を摂取すべき

花粉が舞う時期の3,4ヶ月前から乳酸菌を摂取すべき

乳酸菌での花粉症対策は

 

花粉が舞う前からおこなう必要がある

 

わけで、花粉が舞ってから乳酸菌を摂取すると
手遅れというわけではないのですが、花粉への抵抗力がつく前に
花粉症の季節は終わってしまうでしょう。

 

 

幸いなことに、花粉症の時期というのは
3月ごろにピークを迎えるということがわかっていますから
前年度の11月や12月、遅くてもその年の1月あたりから
乳酸菌は断続して摂取しておきたいところです。

 

もちろん、花粉が舞う時期は地域によって変わるでしょうから
自分が住んでいる地域が、いつ花粉が舞うのかを計算して
乳酸菌を摂取してみてください。

 

乳酸菌での花粉症対策はあくまでも

 

自分の体を強くする

 

というものですから、乳酸菌を摂取した瞬間に
体が元気になったりすることはないでしょう。

 

そう聞くと、薬にたよったほうがいいように感じる人もいるかもしれません。
即効性に期待するのなら、花粉症の薬のほうがいいでしょう。

 

でも、乳酸菌での花粉症対策は

 

副作用がない

 

という安全性でのメリットがあります。
そもそも、自分の体を強くするという対策なわけですから
花粉症がどうのこうのというより、体が健康になるわけで
乳酸菌を摂取して、無駄になるということはないと思います。

 

【花粉症に良い乳酸菌を配合した製品紹介記事はこちら】
カルピスのL-92乳酸菌配合のサプリメント「アレルケア」

花粉症の季節の3,4ヶ月前から乳酸菌を摂取すべき関連エントリー

免疫力を高めて免疫バランスを崩さないようにする
乳酸菌での花粉症対策は免疫力を高めて、免疫バランスを崩さないようにして、花粉症の症状を抑えるというものです。
花粉に負けない体を作るために乳酸菌で免疫力を高める
花粉が体内に入ることで、人間の免疫細胞が異常をおこすわけで、それを防ぐために乳酸菌で免疫力を高めるわけです。

ホーム RSS購読 サイトマップ